Home » ヘッドライン » 第11回JFL後期第9節 vsジェフリザーブズ

第11回JFL後期第9節 vsジェフリザーブズ

2009年9月13日

<試合結果>
 1-1(前半0-0/後半1-1) 
 得点者:木下

<試合会場>
 千葉県総合スポーツセンター東総運動場

<スターティングメンバー>
 GK:桑原
 DF:澤村、白川、谷口
 MF:小原、倉石、前田、悦田
 FW: 水永、原田、木下

<リザーブメンバー>
 GK:川島
 DF:上田、浅田
 MF:猿渡、松瀬
 FW:山下、熊元

<試合経過>
 
ジェフリザーブズのキックオフで始まった後期第9節!!

 前半2分木下のオープニングシュートから始まった前半戦、立上がりからペースを掴んだホンダロックは、次々と相手ゴールに襲い掛かる。6分に原田・水永・木下の前線3人でパスを回し相手ディフェンスを突破すると、14分に前田の連続フリーキックから相手ゴールに迫るが、相手キーパーのファインセーブに阻まれ後一歩ゴールが奪えない。その後も倉石を基点に中盤でボールを回し相手ゴールに襲い掛かるが、ここまでリーグ最小失点の相手ディフェンスを突破することが出来ず、得点を挙げれない。しかし、終始ボールを支配したホンダロックが、相手の枠内シュートを0に抑え、0-0のまま前半終了となった。

 後半立上がり、相手の反撃を受けるが白川・谷口・澤村を中心としたディフェンス陣がしっかりとゴールを守り耐える。11分には左サイドを突破されシュートを許してしまうが、桑原のファインセーブによりゴールを守る。相手攻撃を徹底したディフェンスで耐えたホンダロックは、19分に悦田のセンタリングに反応した木下がヘディングをゴール右隅に決め先制点を奪う!!そのまま勢いにのり攻撃を仕掛けたいホンダロックだったが、一瞬の隙を相手に与えてしまう。25分に相手コーナーキックから失点、同点に追いつかれてしまう。その後、落ち着きを取戻した両チームは、中盤でのプレーが増え膠着状態へと入る。試合の流れを引き寄せたいホンダロックは、山下・熊元を投入しゴールを目指す。しかし、お互い追加点を奪えぬまま時間が流れ1-1のまま試合は終了し、ホンダロックはアウェーで貴重な勝ち点1を上げた。

☆スターティングメンバー
909091401.jpg

☆ゴールを守るHLSC
909091402.jpg

☆木下選手(得点者)・悦田選手(アシスト者)
909091404.jpg

☆HLSCサポーター
909091403.jpg

 
ページの先頭へ
HLSC携帯版サイトはこちら!

HLSCモバイル向けホームページへのアクセスは右QRコードをご利用ください。QRコードをご利用できない場合はこちら。

 

    サポーターバナー